国際貿易マート(第4地区)

2008年10月21日に正式に稼働した義烏国際貿易マート第4地区は、1,080,000㎡の建物面積を占め、16,000以上のブースを保有しています。それはその開発の歴史の中で義烏市場の第6世代です。国際貿易マート地区4の1階は靴下を扱っています。2階では、日用品、手袋、帽子、帽子、ニット、綿製品を扱っています。3階は靴、ウェビング、レース、キャディー、タオルなどを扱っており、4階はブラ、下着、ベルト、スカーフを扱っています。国際貿易マート地区4は、ロジスティクス、Eコマース、国際貿易、金融サービス、ケータリングサービスを全体に統合しています。国際貿易マート地区4は、現在の国際的な大規模ビジネスセンターの設計からアイデアを借りており、中央空調システム、大型電気情報スクリーン、ブロードバンドネットワークシステム、LCDテレビシステム、太陽エネルギーなど、多くのハイテクシステムが混在しています。発電システム、降雨リサイクルシステム、自動スカイライトルーフ、フラットエスカレーターなど。国際貿易マート地区4は、現在中国で最も技術と国際化が進んでいる卸売市場です。さらに、市場のこの地区には、4Dシネマ、観光、ショッピングセンターなどの特別なビジネスおよびエンターテイメント施設もあります。

製品流通を伴う市場マップ

業界

F1

靴下

F2

毎日の消耗品

帽子

手袋

F3

タオル

ウール糸

ネクタイ

レース

ミシン糸とテープ

F4

スカーフ

ベルト

ブラ&下着